FPなかにしコラム No.2 【定年後のお金≪前編≫】


「老後資金2000万円問題」を考える

「65歳で2000万円あればOKか?」
このニュースを見たときの私の正直な感想は「2000万円では、足りないんじゃないかな。」というものでした。

世帯主が65歳の世帯で、月の収入を21万円弱・支出を26万円少しとすると毎月約5.5万円貯蓄を取り崩すことになります。
平均寿命の延びも考えて、30年間その不足分をカバーしていくなら、65歳で約2000万円の貯蓄が必要になるということです。
(5.5万円×12か月×30年間=1980万円)

これはあくまでも一つの例だと思います。
住宅ローンを完済していることが前提となっているようですので、賃貸の人は、さらに支出が上乗せされます。
また、一生払い続ける健康保険・介護保険の掛け金や、固定資産税などを実額で考えると、このデータ通りでは難しいと思います。

例えば、月収が厚生年金と国民年金で25万円の夫婦がいるとします。
「温泉旅行や孫への交際費なども見込み、夫婦での支出を月に37万円にしよう」
と思うと、毎月12万円貯蓄を取り崩さなければなりません。
となると、65歳時点で4000万円以上の貯蓄が必要という計算になるのです。
(12万円×12か月×30年間=4320万円)

このように、各自が置かれた状況により、必要な貯蓄額は増えも減りもするのではないでしょうか。
一様に「老後資金2000万円」と言っても、個人差がある問題なのです。
そこで、私は「自分の収支を自分の予見で考えて、現実的な準備をする」ことが大切だと思います。

次回のコラムでは“どのように自分の収支を洗い出し、定年後に備えるのか”を具体的にアドバイスいたします。

 

 

この記事に関してのご質問は
こちらよりお気軽にお寄せください