FPなかにしコラム No.3 【定年後のお金≪後編≫】


「定年後のお金が気になる」 という質問について

前回のコラムでは「老後資金2000万円」について、私の意見をお話ししました。
「人生100年時代」「長生きリスク」等と耳にする機会が増え、私も個別相談をよく受けますが、その時にお話することはこんなことです。

1.年金や今の貯蓄で生活費は足りるだろうか?
●定年後の収支予測表と自分のバランスシート(資産や負債)を作る。
●年金年表を作る。
 “何歳から 何年間 年間いくら”受給できるか記録した年表を俯瞰してみましょう
 ・ 公的年金(参考:厚労省の「年金ポータル」サイト)
 ・ 企業年金(確定給付、確定拠出) ・ 財形年金 ・ 個人年金 など
●将来の支出項目を洗い出して認識しておく。
 ・ 病気や介護の費用 ・ 家のリフォーム費用 ・ 自分の楽しみに使う予算 など
●作成した収支や資産は、適時洗い変えをする。

現状を把握し将来予測を立て、貯金も含めて、100歳までやりくりできるシナリオが作れたらそれはOKです。
不足額がありそうならば、積立投資(つみたてNISAやiDeCoなど)の情報を集め、早めに運用をスタートし「時間を味方」にした「シニアライフの後半に備える」準備をしておくのが良いでしょう。

自分に関する制度や公的補助なども知っておくことが大切です。
・ 健康保険 ・ 介護保険 ・ 掛け金 ・ 給付内容 ・ 利用時の自己負担・ 高額療養給付 など
お住まいの市区町村のHPに詳細があり、質問・相談窓口の電話番号も書いてありますので、一度チェックしてみてください。

Good-Job Nowでは、定年後のお金に関するセミナーを開催しております。
また、収支予測表・バランスシート・年金年表のサンプルシートをご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

「あの時にこれを知っていたら」と後で後悔するようにならないように、今から情報収集をスタートされることお勧めします。

 

 

この記事に関してのご質問は
こちらよりお気軽にお寄せください