キャリコンながいコラム No.1 【ソフトテニスと私】


70才の今も毎週火・金・土・日と隔週の木曜日と大体週4~5日、ソフトテニスの練習または試合に参加しています。

日中35度を超えるときも10時から15時頃の5時間程度(もちろん休憩もしますが、、、)やっています。

周りの人はバカじゃないかと思っているでしょうね?

私にとって、ソフトテニスは生活の一部なので、逆に練習をしないと体がおかしくなってしまいます。

 

思い起こすと、私は勉学とスポーツの両立ということで中学校よりソフトテニス(旧軟式庭球)を始めました。

現在70才ですから55年以上もやっていることになります。

高校、大学、会社に入っても、続けました。

もし、ソフトテニスをやっていなければ、社会人の時ストレスで病気になったことでしょう。

ただ、人事・総務という仕事柄、十二指腸潰瘍は患いましたが、そんなにひどくはなりませんでした。

その後は大病もせず現在に至っています。

 

考えると、「健康」であることが一番大切だな!と60才を過ぎてからつくづく感じています。

スポーツでのいろんなケガはつきものですが、今も元気に仕事をやっています。

このように老後生活においては何らかの「趣味やスポーツ」をしていることが健康につながり、元気であればどんな仕事でもできるのではと思いますよ。

病気をすると医療費もかさ張るし、老後生活に不安を覚えます。

 

60才を過ぎて老後を楽しく過ごしたいと考えている人は、まず、第一に健康であること、

そのために何をやるか、週2~3日の仕事と残りは趣味やスポーツで心身のリフレッシュを図り、孫と元気に遊んではいかがでしょうか?

 

 

この記事に関してのご質問は
こちらよりお気軽にお寄せください