キャリコンながいコラム No.7 【定年後の就職活動について】

 

 

定年後の就職活動において、大切なことは今まで培ったキャリアを
どう生かすかということではないでしょうか。
その前提として、定年後のライフプランを考えておくことが最も重要だと思います。
これから人生100年の時代に向かい、定年後の30年余りをどう生きるかを考えることです。

定年後は何がやりたいのか、生きがいをどこに見つけるのか、
どう生きるのかを考えておくことが最も大切ではないでしょうか。
就職活動をするにしてもライフプランをベースに考える必要があります。
これからの人生は楽しくゆっくり過ごしたい、趣味を活かして元気に過ごしたい、
家族とのんびり過ごしたい等々人それぞれ異なります。
このように定年後の生き方を決めて、就職活動をしていかなければなりません。

もう一つ大事なのは、定年後の経済プランです。
これは在職中に考えておくことが大切です。
退職してからでは遅いと思います。
退職金は?年金は?何歳まで生きるのか? 夫婦二人の生活費は?等々
早めに考えておく必要があります。

以上のように、定年後の生き方、経済設計を考えたうえで就職活動をすることが重要です。

キャリアカウンセラーはライフプランの考え方、経済設計についての相談、
就職活動をする上でのキャリアの棚卸、経歴書の作成支援等々
クライアントに寄り添って支援していきます。

現在、コロナ禍で再就職も大変厳しいとは思いますが、
自身の生活スタイルに合った仕事はいろいろあります。
いずれにしても、一番大事なのは、
今後どんな生活を送りたいのか、何がやりたいのかを考えておくことです。

 

 

 

 

   毎月第二土曜日の午前中に、Zoomで開催している勉強会のレポートをお届けします。
 今月は「生前贈与の基礎」について以下のような話題を取り上げました。
 1.暦年贈与と相続時精算課税贈与の仕組みと留意点
 2.教育資金贈与は信託銀行と契約してまでするメリットはあるか?
 3.子供への住宅取得資金贈与と配偶者への居住用財産贈与のポイント
 4.贈与について注意しておくチェックポイント

 開催後の質問では、
 「住宅資金贈与した場合、確定申告は非課税でも必要か?」
 「高齢の母親の預金を少しずつ子供たちが暦年贈与してもらっている。
 今後もし母が老人ホームに入ったときに備えて、どんなこと考えておかないといけないか?
 その時は、母の自宅は処分するのが良いのかどうか?」
 など等がありました。

 当法人では、贈与や相続に関して興味おありの方は、Zoomで個別セミナーや相談を承っております。
 下のリンクまたは、メールでお気軽にご照会ください。
 個別相談会 | NPO法人 Good-Job Now (good-jobnow.org)

 

この記事に関してのご質問は
こちらよりお気軽にお寄せください